AIT work abroad
#007 アメリカ・ハワイ
Ms. Mio Kobayashi
KUUB コスメティクス
小林ミオさん


小林 ミオさん
日本では百貨店に勤務していたが、更なるステップアップをすべく以前から興味のあったエステの分野へ飛び込んだ。現在はハワイのKUUBコスメティクスにてコスメ販売や営業などを精力的にこなしながら、休日には友人と過ごしたり趣味のヨガをしたりと充実している様子★

 
現在ハワイでお仕事をされている小林さんですが、なぜアメリカで働こうと思われたのですか?何かきっかけがございましたら教えて下さい。
私が初めてハワイを訪れたのは4、5年前のことです。ハワイの雰囲気を実際に感じ、なぜ多くの方がハワイに行きたがるのかが分かりました。その後、2年前にも半年間の語学留学のためにハワイを訪れたのですが、その時は語学というより単に”ハワイに行きたい!”という気持ちの方が大きかったんです。帰国後はそれまで通り日本で仕事をしていたのですが、自分の心のどこかで”ハワイとつながっていたい”という想いが常にありました。当時、日本ではスポーツメーカーの方に勤めていたのですが、ヒーリング系の業界にも興味を持っていました。そこで、切り口を変えて拠点を海外に移してみようと思ったのがきっかけです。

ハワイ以外でのお仕事は考えていませんでしたか?
最終的にハワイで見つけることが出来たので良かったのですが、暖かい場所を希望していたので本土でしたら西海岸が良いと思っていました。

仕事となると旅行や語学留学の時とはハワイの見え方が変わってくると思うのですが、そのような経験などございましたら教えて下さい。
職場は日本人スタッフも多いので小さなジャパニーズコミュニティーを見ているといった感じです。そういう点では留学で訪れたときとは違ったコミュニティーを見ているといった感じです。しかしお仕事は緊張感や責任感が伴い大変という点で違ってくると思います。ただ、休日になれば海へ行ったりと、日本で厳しく働く場合とはやはり違ってくるのだろうと実感しています。
いくらハワイが大好きであったとはいえ仕事をやめて行くには大変な決意を必要だと思うのですが、不安はなかったのでしょうか?

もちろんリスクは感じていました。しかし、以前語学留学に行く際も会社を辞めたことはあったので、次を探すということに対しての怖さは薄れていました。ハワイで研修先を探している時には会社に区切りを付けたいと思っていましたし、自分のやりたいことが明確に見えている場合に何かを捨てて次へ進むことに恐怖は感じていませんでした。

働きながら次を探しているという感じではなかったのですが、前へ前へ自分が進もうとしているなかで今回のお話も頂けましたし、いろんなことのタイミングが上手くあって今の状況があると思っています。また、2年前に一度来ているので当時の知り合いやコミュニティーが残っていたりと、全く初めての環境ではないということも安心要素になったのではないでしょうか。

仕事先はどのようにして見つけたのですか?

今の会社はAITさんのメルマガから見つけました。ハワイが特集されているとき、いくつかの企業にアプローチをした中のひとつです。社長さんが偶然日本に来ていたので、実際に会って面接をさせていただいたのですが、その人柄に惹かれて「行ってみよう!」と思うことが出来ました。

現地の会社を自分の目で見れないことへの不安はありませんでしたか?
インターネットやパンフレットからの情報には限りがあるので、やはり不安はあしました。AITさん以外からのメルマガもいくつかチェックしていたのですが、直接受け入れ側の方とお会い出来る機会はなかなかありませんでした。しかし、その中で社長さんから直接お話を聞けたというのは自分にとってとても大きかったです。実際に会って、お話をしたことで決心がつきました。
今の会社に決められたきっかけは何ですか?
業務内容に興味を持っていた上に社長さんに直接お会い出来たことが今回キューブさんに決めた理由です。
いざハワイに行かれて、現在はどのようなお仕事をされているのですか?
現在のところは団体のお客様へのエステサロンの紹介や、サロンを利用して下さったお客様へのコスメ販売などを行っています。日本の百貨店で働いていた頃に培った、効果的なディスプレイ法などの知識を買っていただき、現在は商品の陳列やディスプレイも任せていただいています。
そうですかぁ。ではコスメに関する知識も増えなのではないですか?
そうなんですよ〜!いざ行ってみると覚えることがとても多いんです。日本で覚えていくのとはまた違った苦労がありますし、自分の知識不足を痛感しています。しかし、そこは日々の頑張りと踏ん張りで乗り越えているといった感じです!
ちょっと疑問に思ったのですが、ツアーに参加されているお客様の中には「せっかくハワイに来たのだから…」という感じで普段マッサージやエステに行かれない方も結構利用されるのではないですか?
女性のお客様はもちろんのこと、案外男性の方も多くてびっくりしています。日本ではお店に入りずらいと思われているお客様も、「ハワイでなら…」と思って来て下さいます。お客様の中には「女性がマッサージやエステが好きな理由がわかりました!」と言って感動してお帰りになる方もたくさんいらっしゃいます。 
やはり、利用されるお客様は観光客が多いのですか?
地元のお客様でひいきにしてくださるかたもいらっしゃいますが、やはり観光客、特に日本人観光客の方がメインですね。
そうですか。来られる方のほとんどが日本人という環境の中で英語が必要になってくるのはどのような時ですか?
やはりローカルのお客様を接客する場合には英語が必須になってきます。コスメショップにはウォークインで地元の方もいらっしゃいますので、その場合はなんとか英語を駆使して対応しています(汗)その他に発注表の記入なども英語で行っているのですが、将来的にはメーカーさんとの交渉も行えるように勉強していきたいと考えています。
現在は一週間にどれほど働いてらっしゃるのですか?また、休日はどのように取られるのですか?
勤務はシフト制で早番/遅番があり、週5日勤務しています。シフトは一週間毎に出されるといった感じです。
休日は週2日頂いています。
実際にアメリカで働いてみてどうですか?日本と比べてアメリカの方が精神的に楽など、違いを感じることはありますか?
やはり、一番の違いは仕事に対する考え方だと思います。日本ですと勤務時間が過ぎても上がりずらい雰囲気がありますが、こちらでは”働くときは働く!帰るときは帰る!”というハッキリとした考えがあるので皆サクサクと帰っていきます(笑)そういった面では変に気を遣う必要もないので楽ですし、好きなところです。また、社長が夫婦で会社を経営していらっしゃいますので職場にはとてもアットホームな雰囲気が広がっています。
休日には趣味のヨガをしたり海に行ったりしているのですが、日本で過ごす休日とはリフレッシュの度合いが全然違います!こういうときに「来て良かった」と実感しています。
それはそれは、本当に良かったですよね。
まだ、アメリカに渡って間もないですからまだ時間はありますし、何か目標はありますか?
現在は日本の方がメインの職場で働いているので、今後の課題は英語力をどこでどうアップさせるかですね。ハワイと言えどもやはりアメリカですから英語力はつけたいです。これからは交流を増やるなり語学学校に通うなり、自分なりに取り組んでいきたいと思います。
是非、頑張っていただきたいと思います。
それでは次に月並な質問ですが、海外就労を実現された先輩として「取り組む姿勢」や「企業選び」に関して今後海外就労を希望されている方々のために何かアドバイスを頂けますか?あと、やはり目標は持っていたほうが良いと思いますか? 
こだわりを持つことが大切だと思います。例えば私のように「ハワイが好き」、「癒し系に進みたい」といったぶれない何かがあれば、予想外のことが起きてもめげずにやっていけると思いますし。その一方で「予想外のことを楽しむ」精神も大切ではないでしょうか。海外で働くとなればきっと何かは起きると思うので、それさえも楽しむ気持ちの余裕があればいいと思います。
また、海外に渡ってからの姿勢や、吸収の度合いも違ってくると思うので目標は大まかなりとも持っていた方がいいと思います。


インタビューアの感想
お仕事やプライベートの話をされているときにとっても楽しそうで、毎日が充実していらっしゃるということが電話越しに伝わってきたような気がします。それはきっと小林さんがとても前向きで、イキイキとした性格の持ち主だからではないでしょうか♪今後はそのエネルギッシュな精神で小林さんだけのインターンプログラムを作り上げて頂きたいと思います。そして、この経験をよりよいものしていって下さいね!!今回はありがとうございました。