海外就職!アメリカビザ!インターンシップ!海外で働きたいあなたを強力サポート!AITの海外就職 人材紹介

海外就職

>> J-1ビザ >> H-1Bビザ >> H-2Bビザ >> H-3ビザ >> Iビザ >> Lビザ >> Eビザ >> グリーンカード

J-1ビザ

J‐1ビザは、交流訪問者ビザと位置付けられ、米国国務省(USDS)の教育文化局(Bureau of Educational and Cultural Affairs)が監督する『交流訪問者プログラム』の参加者に与えられます。13種類の交流目的に応じてDS-2019が発給され、各カテゴリーにおいて米国での就労、研修、研究活動が許可されます。また、J‐1ビザはSocial Security Number を取得することが認められているため、合法的な就労が認められています。滞在期間中のJ-1ビザスポンサーは、DS-2019を発給した米国の教育団体となります。

合法的な就労が認められているJ-1ビザ(交流訪問者)では、Social Security Number(SSN)の申請、運転免許の取得、銀行口座の開設が認められています。


ビザ診断

ビザ概要
就労可能期間 最大18ヶ月間 
※期間終了後、他のビザへの切り替え可能
取得査証 J-1ビザ
カテゴリー 私企業プログラム/トレーニー、インターン
滞在許可証 DS-2019
J-1ビザスポンサー DS-2019発給団体
雇用関係 給与・手当てが発生しても雇用関係は発生しません。

AITのサポート

DS-2019Formの申請
DS-2019Formは、米国国務省から認可を受けた団体・教育機関が発給する滞在許可証のことを言います。現在、DS-2019を発給できる団体・教育機関は全米に約50団体あり、DS-2019発給に際し、各団体・教育機関で交流目的に応じた発給基準を独自に設けています。AITはあなたの経歴、受入企業に適したDS-2019発給団体より確実にDS-2019Formを取り寄せます。
大使館ビザ面接サポート
ビザ取得で最も困難とされているのは、大使館とのビザ面接です。2007年7月に実施されたJビザに対する移民法の改正により、更にJビザに対する取り締まりは厳しくなっています。AITでは、これまでの実績、ノウハウから、ビザ申請者の個々の経歴に合わせた大使館ビザ面接サポートを行っています。毎月20名以上行っているビザサポートでは、2004年から常に100%に近い取得率を保っています。
サポート内容)
面接練習、大使館ビザ面接必要書類作成など
ステータス変更手続き
既に米国に滞在しており、米国での就労を希望されている方には、ステータス変更のサポートをご利用いただけます。F、OPT、などあらゆる滞在ステータスへの変更が可能です。 ステータス変更は、移民局を通じあなたのステータスを「J」へ変更します。
ホストカンパニー変更手続き
ホストカンパニー変更手続きの代行を行います。 会社変更理由によっては、お受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用
申し込み ¥10,800(税込)
DS-2019申請費 $3,400〜
US傷害保険 $60/月程度
SEVIS費用 US$180(実費)

【その他の費用】
※DS2019をAIT以外で取得された場合
ステータス変更手続き \54,000〜(税込)
ホストカンパニー変更手続き \54,000〜(税込)
米国大使館/領事館
面接サポート
\54,000〜(税込)

ビザ診断


>> J-1ビザ >> H-1Bビザ >> H-2Bビザ >> H-3ビザ >> Iビザ >> Lビザ >> Eビザ >> グリーンカード